So-net無料ブログ作成
住宅ローンの返済削減方法 ブログトップ

住宅ローンの返済難!自己資金0円最大636万円も削減する方法 [住宅ローンの返済削減方法]

住宅ローンの返済難!自己資金0円最大636万円も削減する方法

住宅ローンの返済難 住宅ローン低金利借り換え方法

住宅ローンの返済が厳しく困っています。現在の住居はマンションで80㎡なのですが、管理費と修繕費、固定資産税とランニングコストも高く、買い替えも視野に入れています。しかし、残債と売却価格では残債額が多い

ため自己資金で残債を消すことができません。ただ、このままだと無駄な費用を払いながら、ローンの支払いも大変です。持家から賃貸に代わる事には、正直抵抗があります。なにか、良い方法はありませんか?


まず、現状のままだと改善される事は、外的要因のみだと思います。景気が良くなり、給与が高くなったり賞与が多くなったりすれば生活や支払いも楽になるかと思います。
現状を自分で替えるとすれば、買い替えを行い、住宅ローンの残債額を新しい住宅ローンでカバーする方法があります。

例)現状 3,000万円残債 売却価格 2,500万円 ショート分500万円(残債)
築13年 80㎡ 管理費・修繕費込 23,000円程度
金利3% 残存期間 22年

新規購入 2,800万円 ローン金額 3,300万円
諸費用 200万円
金利 0.975.% ローン期間:80歳完成まで組む事が可能
築3年 62㎡ 管理費・修繕費込 13,000円程度

上記のような組み立てを行いますと、毎月の支払いはローン額だけでなく、管理費・修繕費の差額分は勿論、固定資産税も削減できます。住宅ローン控除も再適用されますので、
無駄なものを削減し、最低限必要なものを購入するという方法があります。
注意点として、現在の住宅ローンを延滞していない。
ローン費用・仲介手数料などの諸費用がかかる。
ただ、長い目で考えていく事、動ける時期に動くべきだと思います



自己資金0円最大636万円も削減する方法があります▼
「住宅ローン借り換えセンター」












(引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1245838567

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

ローン借り換え費用を0円で住宅ローン削減申し込み代行 [住宅ローンの返済削減方法]

自己資金0円で住宅ローン削減申し込み代行【無料相談5000円分★クオカードゲット^^】

住宅ローン借り換えセンターとは
『住宅ローン利息の削減を通じて、家計費負担を減らすお手伝いをしたい』
こんな想いでみなさまに
【無料のローン借り換え相談】をおすすめしています!

※今だけ特典【5000円分★クオカード】を無料診断者全員にプレゼント♪

金融緩和により住宅ローンの金利が下がり、借り換え需要が高まる一方、
借り換えについては様々な費用がかかるのも事実です。
また手続きが面倒で躊躇されている方も多くいらっしゃいます。

住宅ローン借り換えセンター」では、
そのような方に代わってローンの借り換え代行業務を行い、
時間と労力の手間を省くお手伝いをします。

ローン借り換え費用を0円にすることも可能です!

★住宅ローン借り換えセンター無料相談実施中★ 消費税増税対策!「住宅ローン借り換え」で家計費負担軽減!

自己資金0円で636万円の住宅ローン削減!

「住宅ローン借り換えセンター」




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

安い金利!住宅ローン繰り上げ返済 [住宅ローンの返済削減方法]

安い金利!住宅ローン繰り上げ返済

低金利 住宅ローン繰り上げ返済

住宅ローンについてアドバイスをお願いいたします。
旦那33歳 妻30歳 子供1歳
3300万円を35年で変動金利でローンを組みました。優遇があり、ただ今0.975パーセントです。

私も仕事復帰をしたので、出来るだけ繰上げ返済をしていきたいと考えています。
そこでお伺いしたのですが
「期間短縮型」と「返済額軽減型」がありますが、最初は「期間短縮型」がいいと思うのですが、
どれくらいのタイミングで「返済額軽減型」と変わらなくなりますか?

これからの生活を考えると、月々91770円の支払いがもう少し軽減してもらえると楽なのですが、
最初から返済額軽減型ではもったいないと言われるので…。

年に100万繰上げしていけたらと考えております。



毎月の支払いを減らしたいとお考えでしたら、
不用意に期間短縮の繰上げ返済はしないことです。

期間短縮の繰上げ返済は、利息削減効果は大きいですが、
返済期間が短くなった分だけ、金利上昇時には今より毎月の返済額が多くなります。
一旦短くなった返済期間から、負担を減らすためにまた伸ばすのは困難です。
変動を選択され、しかも優遇されているという点で、
優遇期間の終了や金利上昇時には、今より返済額が多くなることが容易に想像できます。
質問者様の場合は、お子様のご計画もあるようですので、
将来の金利上昇時にも対応できるよう、
返済額軽減型にしておいたほうが良いかと思います。

返済額軽減型でも、こまめに繰上げ返済していけば、
実は期間短縮型と同等の削減効果と期間短縮が得られます。

目先の効果だけでなく、将来的なリスクにも対応できるよう
銀行に相談されるなど、じっくりとご検討されることをお勧めします



住宅ローン繰り上げ返済自己資金0円最大636万円も削減する方法があります▼

「住宅ローン借り換えセンター」











(引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1070797070



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
住宅ローンの返済削減方法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。