So-net無料ブログ作成

安い金利!住宅ローン繰り上げ返済 [住宅ローンの返済削減方法]

安い金利!住宅ローン繰り上げ返済

低金利 住宅ローン繰り上げ返済

住宅ローンについてアドバイスをお願いいたします。
旦那33歳 妻30歳 子供1歳
3300万円を35年で変動金利でローンを組みました。優遇があり、ただ今0.975パーセントです。

私も仕事復帰をしたので、出来るだけ繰上げ返済をしていきたいと考えています。
そこでお伺いしたのですが
「期間短縮型」と「返済額軽減型」がありますが、最初は「期間短縮型」がいいと思うのですが、
どれくらいのタイミングで「返済額軽減型」と変わらなくなりますか?

これからの生活を考えると、月々91770円の支払いがもう少し軽減してもらえると楽なのですが、
最初から返済額軽減型ではもったいないと言われるので…。

年に100万繰上げしていけたらと考えております。



毎月の支払いを減らしたいとお考えでしたら、
不用意に期間短縮の繰上げ返済はしないことです。

期間短縮の繰上げ返済は、利息削減効果は大きいですが、
返済期間が短くなった分だけ、金利上昇時には今より毎月の返済額が多くなります。
一旦短くなった返済期間から、負担を減らすためにまた伸ばすのは困難です。
変動を選択され、しかも優遇されているという点で、
優遇期間の終了や金利上昇時には、今より返済額が多くなることが容易に想像できます。
質問者様の場合は、お子様のご計画もあるようですので、
将来の金利上昇時にも対応できるよう、
返済額軽減型にしておいたほうが良いかと思います。

返済額軽減型でも、こまめに繰上げ返済していけば、
実は期間短縮型と同等の削減効果と期間短縮が得られます。

目先の効果だけでなく、将来的なリスクにも対応できるよう
銀行に相談されるなど、じっくりとご検討されることをお勧めします



住宅ローン繰り上げ返済自己資金0円最大636万円も削減する方法があります▼

「住宅ローン借り換えセンター」











(引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1070797070



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。